>  > 雑談しているとコールが鳴るのが不思議

雑談しているとコールが鳴るのが不思議

高級ソープ嬢に呼ばれてマットに乗ると、爆乳と滑らかな肌が全身を滑り「やっと高級なサービス」を実感しました。ちんぽがカチカチになってコンドーム着用し騎乗位で2回目の発射です。高級ソープの女の子の爆乳が揺れる様は圧巻でしたが、やはり挿入が浅い為か、ここでもちょっと時間が掛かっての発射でした。私が一人バスルームでローションを落としている間、女の子はマットの片付けとシャワーでローションを落としていました。混浴無しとは淋しいなぁ。風呂から出てベッドで3回目のスタートです。女の子が早速攻めて来て全身を舐めてからちんぽをパクリ。何時もの私ならここで女の子の爆乳を攻めるところですが、女の子の密着感不足を感じてしまった為、何故か言い出せなかったのです。最初と同様にシックスナインで女の子のクリトリスをペロペロ&蜜壺に太い中指をズボッ・クチュクチュ。ちんぽがカチカチになってコンドーム着用し騎乗位で挿入です。女の子は頑張ってくれましたが、射精へのエクスタシー感に近づく様子が無かったので、女の子には「無理をしなくて良いよ」と言って、残りの時間はまったりタイムです。

[ 2016-03-01 ]

カテゴリ: ソープ体験談